WEB予約はこちら
採用情報はこちら

東日本橋形成外科 皮ふ科完全予約制

お電話でのご予約・お問い合わせ
Tel.03-5829-8004
完全予約制

美容皮膚科

Medical

ニキビ(尋常性ざそう)

10~30歳代までの青年期の男女に多く、顔面、背部、前胸部などの脂漏部位に好発します。面皰(皮膚内の黄白色の小結節)、炎症性丘疹、膿ほう、結節など様々な症状が混在して認められます。
ここ10年でニキビの保険治療が進み、レチノイン外用薬であるアダパレンが2008年に尋常性ざそうに対して保険適応となりました。その後も過酸化ベンゾイル、アダパレン・過酸化ベンゾイル配合薬などが保険診療で使えるようにまりました。

当院ではこれらの保険治療で改善が得られにくいニキビに対して治療を行わせて頂きます。

治療方法
①ケミカルピーリング、イオン導入
当院では、サリチル酸マクロゴールピーリングを行います。サリチル酸マクロゴールピーリングは、ベビーピールともいわれ、非常に高い効果があり、トラブルの少ないピーリングです。マクロゴールタイプは、ピーリングによる痛みや赤みも従来のピーリング剤の中では最も少なく、それでいてコラーゲンの造成はTCAピーリングにも匹敵するといわれています。ピーリングにて角質を除去後、9%ビタミンC(保湿アミノ酸配合)あるいはTPNa:ビタミンE誘導体(グリチルリチン酸配合)をしっかりと導入します。TPNaはニキビの要因である毛包性の細菌「P.アクネス」に対して高い抗菌性を示し、活性酸素を消去し、脂質の過酸化や肌の炎症を抑制します。当院のイオン導入器は10kHzと周波数が高いため、イオン導入特有のピリピリ感が少なく、リラックスして施術を受けて頂くことが可能です。

②TPNa:ビタミンE誘導体ローション外用+トレチノインゲル外用治療

③マイクロボトックス注射
マイクロボトックスは筋肉ではなく、皮膚浅層にボトックスを細かく少量注入する治療方法です。皮脂腺や汗腺をコントロールしている神経をブロックすることで皮脂の分泌が減少し、ニキビができにくい肌になります。患部に麻酔クリームを塗り(30分程度)痛みを軽減させてから注射します。

ニキビ治療にはホームケアや生活習慣の改善も重要ですので、合わせて行っていきます。

ニキビ跡(ざそう後瘢痕)

ざそう後瘢痕はにきびによって生じた傷跡であり、陥凹が目立ちます。ニキビ跡の治療はニキビ治療よりも非常に難しく、治療に時間がかかります。根気よく継続することが重要です。

治療方法
①フラクショナル炭酸ガスレーザー(CO2RE)照射
患部に麻酔クリームを塗り(30分程度)痛みを軽減させてからレーザーを照射します。フラクショナルレーザー治療とは,レーザー照射によって皮膚に微細な穴を開け皮膚を新しく入れ替える美肌治療です。照射部は新しく再生した皮膚組織と入れ替わり、新たな表皮と新生コラーゲンが肌のハリや凹凸を改善します。治療回数は月に1回程度、6~8回が目安ですが、10回以上の照射が必要な場合もあります。1週間程度のダウンタイム(かさぶた)や色素沈着のリスクもあります。

②ダーマペン治療
患部に麻酔クリームを塗り(30分程度)痛みを軽減させてから施術します。12本の細い針を用い、肌に垂直に穿孔を形成する医療器具です。従来のダーマペンより表皮への損傷が少ないため、より安全に痛みや不快感を軽減しつつ、治療が行えます。皮膚に微細な穴を開け皮膚を新しく入れ替える美肌治療です。成長因子(上皮細胞成長因子、線維芽細胞成長因子、ヒアルロン酸等含有)を使用することにより効果を高め、新たな表皮と新生コラーゲンが肌のハリや凹凸を改善します。フラクショナル炭酸ガスレーザーよりダウンタイムが短く(赤みが2~3日でる程度,カサブタには通常なりません)、受けやすい施術です。治療回数は月に1回程度、6~8回が目安ですが、10回以上の施術が必要な場合もあります。

しみ・くすみ

◆老人性色素斑(日光黒子):ほとんどの中年以降の男女に認める、加齢と紫外線によってできるしみです。顔面、手、前腕などの露光部に好発します。

治療方法
①Qスイッチアレキサンドライトレーザー(ALEXⅡ)照射
当院で使用するレーザーは過剰なメラニン色素のみ選択的に差凹します。またレーザー光の照射時間が50ナノ秒という非常に短い時間のため、周囲の正常皮膚組織にはほとんどダメージを与えず、安全に治療を大なうことが可能です。レーザー照射後カサブタになり剥がれ落ちます。テープを1~2週間貼ってカサブタを温存します。1~2回の治療が目安です。日焼けしないように注意が必要な治療となります。

②トレチノイン治療
ご自身でトレチノイン、ハイドロキノンを患部に外用します。2~3ヶ月が1クールとなります。皮膚が赤くなり、ぽろぽろとしみ部分が剥がれます。日焼けしないように注意が必要な治療となります。

③上記のようなダウンタイムが有る治療をご希望でない方
ケミカルピーリング、イオン導入を行います。ピーリングにて角質を除去後、9%ビタミンC(保湿アミノ酸配合)をしっかりと導入します。当院のイオン導入器は10kHzと周波数が高いため、イオン導入特有のピリピリ感が少なく、リラックスして施術を受けて頂くことが可能です。

◆肝斑:30歳以降の女性に多く、頬を中心に左右対称性にできるしみです。ホルモン、紫外線、洗顔等による物理的刺激がメラノサイトを活性化させると言われています。

治療方法
物理的刺激を無くし(正しい洗顔)、紫外線防御を確実に行った上で
①トラネキサム酸、ビタミンC内服治療

②ハイドロキノン外用治療
ご自身でハイドロキノンを患部に外用します。

③ケミカルピーリング、イオン導入
ピーリングにて角質を除去後、9%ビタミンC(保湿アミノ酸配合)あるいはトラネキサム酸をしっかりと導入します。当院のイオン導入器は10kHzと周波数が高いため、イオン導入特有のピリピリ感が少なく透過量も高まります。リラックスして施術を受けて頂くことが可能です。

◆そばかす(雀卵斑):3歳頃から顔面、頚部、前腕などの露光部に直径3ミリ程度の円形のしみが多発します。紫外線で濃くなり、思春期に最も顕著となります。

治療方法
①Qスイッチアレキサンドライトレーザー(ALEXⅡ)照射
レーザー照射後カサブタになり剥がれ落ちます。テープを1~2週間貼ってカサブタを温存します。1~2回の治療が目安です。日焼けしないように注意が必要な治療となります。

②トレチノイン治療
ご自身でトレチノイン、ハイドロキノンを患部に外用します。2~3ヶ月が1クールとなります。皮膚が赤くなり、ぽろぽろとしみ部分が剥がれます。日焼けしないように注意が必要な治療となります。

③上記のようなダウンタイムが有る治療をご希望でない方
ケミカルピーリング、イオン導入を行います。ピーリングにて角質を除去後、9%ビタミンC(保湿アミノ酸配合)をしっかりと導入します。当院のイオン導入器は10kHzと周波数が高いため、イオン導入特有のピリピリ感が少なく透過量も高まります。リラックスして施術を受けて頂くことが可能です。

しわ(小じわ、大じわ、表情じわ)

◆小じわ:加齢に伴う表皮水分含有量の低下、真皮の緊張(ハリ)の低下により、小じわとなります。

治療方法
①フラクショナル炭酸ガスレーザー(CO2RE)照射
患部に麻酔クリームを塗り(30分程度)痛みを軽減させてからレーザーを照射します。フラクショナルレーザー治療とは,レーザー照射によって皮膚に微細な穴を開け皮膚を新しく入れ替える美肌治療です。皮膚のリサーフェシング(皮膚の再生・新生)です。照射部は新しく再生した皮膚組織と入れ替わり、新たな表皮と新生コラーゲンが肌のハリや小じわを改善します。治療回数は月に1回程度、6回程度が目安です。1週間程度のダウンタイム(かさぶた)や色素沈着のリスクもあります。

②ダーマペン治療
患部に麻酔クリームを塗り(30分程度)痛みを軽減させてから施術します。16本の細い針を用い、肌に垂直に穿孔を形成する医療器具です。毎秒1920個の小孔を作成できます。従来のダーマペンより針の数が増え、施術の深さも調整可能となりました。皮膚に微細な穴を開け皮膚を新しく入れ替える美肌治療です。成長因子(上皮細胞成長因子、線維芽細胞成長因子、ヒアルロン酸等含有)を使用することにより効果を高め、新たな表皮と新生コラーゲンが肌のハリや小じわを改善します。フラクショナル炭酸ガスレーザーよりダウンタイムが短く(赤みが2~3日でる程度,カサブタには通常なりません)、受けやすい施術です。治療回数は月に1回程度、6回程度が目安です。

③上記のようなダウンタイムが有る治療をご希望でない方
ケミカルピーリング、イオン導入を行います。ピーリングにて角質を除去後、9%ビタミンC(保湿アミノ酸配合)を導入します。当院のイオン導入器は10kHzと周波数が高いため、イオン導入特有のピリピリ感が少なく、リラックスして施術を受けて頂くことが可能です。④マイクロボトックス注射:マイクロボトックスは筋肉ではなく、皮膚浅層にボトックスを細かく少量注入する治療方法です。筋肉の機能は温存されるので自然な表情を保ちながら小じわを改善できます。患部に麻酔クリームを塗り(30分程度)痛みを軽減させてから注射します。治療後、クーリングし日焼け止めを塗って頂きます。メイクは翌日から可能です。まれに内出血が起きることがあります(1~2週間で自然に消えます)。

◆大じわ:加齢により表皮および真皮ともに萎縮した状態です。真皮では皮膚のハリに重要な線維成分が減少しています。重度になるとたるみとなります。

治療方法
ヒアルロン酸注入:細い針でしわや溝のある皮膚内、皮膚の下にヒアルロン酸を注入する方法です。皮膚のボリュームを増加させ、しわを埋めたり溝を盛り上げたりすることができます。効果は6ヶ月~9ヶ月程度持続しますが、ヒアルロン酸の種類、注入部位により持続効果は違います。注入後、赤み・内出血・痛み・しこり感・化膿などの副反応が起きることがあります。当院では安全性、持続性、弾力性、組織親和性を考慮し、厚生労働省製造販売承認を取得した「ジュビダームビスタ」、FDA認可「テオシアル RHA」を使用します。

◆表情じわ:笑ったり怒ったりする時の表情は、表情筋と呼ばれる筋肉を収縮させることにより作られ、表情筋の上にある皮膚にも収縮力が働き、一時的にしわが形成されます。表情筋の収縮が長期にわたり繰り返されると、表情を作らない静止時にもしわが残存するようになります。

治療方法
①ボツリヌス療法(A型ボツリヌス毒素による治療)

②ボツリヌス菌が作り出すA型ボツリヌス毒素(天然のタンパク質)を有効成分とする薬剤を表情筋に注射
筋肉が収縮する力を弱め、しわを目立たなくします。アイスパックで注射部位を冷やして痛みを軽減させ注射します。効果の個人差はありますが、注入後2~3日から現れ、3~4ヶ月持続します。時間とともに効果が無くなり投与前の状態に戻ります。副作用は内出血、赤み、痛み、痒み、頭痛、眼瞼下垂があります(5%程度)。

当院では、65歳未満の成人における眉間または目尻の表情じわに対して厚生労働省製造販売承認を取得した「A型ボツリヌス毒素製剤 ボトックスビスタ」、Hugel社(韓国)「ボツラックス」を使用します。

睫毛貧毛症(まつ毛が不足、短い、細い、薄い)

グラッシュビスタ外用液剤0.03%をお勧め致します。厚生労働省から製造販売承認を取得した、日本で初めて、かつ唯一の睫毛貧毛症治療薬です。加齢に伴う睫毛貧毛、がん化学療法による睫毛貧毛に効果があります。4ヶ月間使用します。その後は必要に応じて継続します。1箱約70日分です。

ピアス(耳)

医療用ファーストピアス(ブロムダール ピアシングシステム)を使用します。滅菌済、手術にも使用するポリアミド製(医療用プラスチック)または純チタン製を使用しますのでアレルギーの心配はありません。痛みも少なく、スムースにピアスが装着できます。万が一のピアス後トラブルにも対応致します。

サプリメント

株式会社ヘルシーパスの医療機関専用サプリメントを提供させていただきます。

≪理由≫
①十分な量の栄養素を含む

②いらないものは最小限(人工甘味料、香料、着色料、保存料など不必要な添加物を使用していない)

③GMP(Good Manufacturing Practice:適正製造規範)認定工場で製造を行っている。つまり製品が安全で一定の品質がたもたれる。

④多科の医療機関で選ばれており、医療機関のみで販売できる。

⑤国際的なアンチ・ドーピング認証プログラムである「インフォームドチョイス」の認証を取得した製品もある。

ご症状に適したサプリメントの提案をさせていただきます。